メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
トップインタビュー

九州・山口 九電みらいエナジー・穐山泰治社長 洋上風力を積極推進

 九州電力傘下で再生可能エネルギー事業を手掛ける九電みらいエナジー(福岡市)の穐山泰治社長は、洋上風力の推進などで再エネ導入量を2030年度までに現在の約5倍に当たる100万キロワット超に拡大させる方針を明らかにした。九電が再エネを成長市場と位置づけ、グループ全体で30年度に14年度比250万キロワット増の400万キロワットに伸ばす戦略を描く中、中核として取り組む意欲を示した。

 --会社設立から4年半が経過しました。

この記事は有料記事です。

残り813文字(全文1023文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. 「異議あり」が届く国会に

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです