メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トップインタビュー

九州・山口 九電みらいエナジー・穐山泰治社長 洋上風力を積極推進

 九州電力傘下で再生可能エネルギー事業を手掛ける九電みらいエナジー(福岡市)の穐山泰治社長は、洋上風力の推進などで再エネ導入量を2030年度までに現在の約5倍に当たる100万キロワット超に拡大させる方針を明らかにした。九電が再エネを成長市場と位置づけ、グループ全体で30年度に14年度比250万キロワット増の400万キロワットに伸ばす戦略を描く中、中核として取り組む意欲を示した。

 --会社設立から4年半が経過しました。

この記事は有料記事です。

残り813文字(全文1023文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 強制不妊救済法が成立 「心からおわび」320万円支給 月内に施行へ
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです