メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園

補助金詐欺 籠池夫妻、無罪主張 「国策逮捕」 大阪地裁初公判

 学校法人「森友学園」(大阪市)を巡る補助金詐欺事件で、国と大阪府・市からの補助金をだまし取ったとして詐欺などの罪に問われた、前学園理事長の籠池泰典(66)と妻諄子(じゅんこ)(62)の両被告に対する初公判が6日、大阪地裁(野口卓志裁判長)で開かれた。いずれも無罪を主張した。【高嶋将之、松本紫帆】

 籠池被告は捜査の背景に安倍晋三首相らへの配慮があったと指摘し「国策逮捕は絶対に許せない」と大阪地検を批判。諄子被告は「補助金の申請には関わっていない」と否認した。

 検察側は冒頭陳述で両被告は大阪府豊中市の国有地で開校を目指していた小学校の建設や、幼稚園の運営に充てるために補助金をだまし取ろうとしたと指摘。国からの補助金については、小学校の建設工事費や設計費を水増しするよう業者に指示し、府・市への申請書は、籠池被告自身が偽造したと指摘した。

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文954文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 「かっこよかった」「生き方教わった」最高齢ライオン・ナイル 死の前々日まで咆哮 京都市動物園

  5. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです