トヨタ・ソフトバンク

100自治体で相乗り実験 3年で提携拡大

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 トヨタ自動車とソフトバンクの共同出資会社「モネ・テクノロジーズ」は6日、自動運転車の普及を見据え同社システムを活用したライドシェア(相乗り)などの実証実験について、2019年中に国内約20の自治体と提携し、約3年で約100自治体に増やす方針を明らかにした。

 愛知県豊田市と同社初となる業務連携協定を締結した後、宮川潤一社長(ソフトバンク副社長)が明らかにした。当面はスマートフォン(スマホ)アプリや、同社の渋滞回避…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集