メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪知事と市長、8日にダブル選表明へ 「都構想」民意問う

法定協議会で発言する松井一郎・大阪府知事(左奥)=大阪市役所で2019年3月7日午後6時24分、久保玲撮影

 松井一郎大阪府知事(大阪維新の会代表)と吉村洋文大阪市長(同政調会長)は7日、任期途中で辞職し、統一地方選前半戦と同じ投開票日程(4月7日)で、知事と市長が入れ替わるダブル選に踏み切る意向を決めた。同日にあった大阪都構想の制度案を協議する法定協議会(法定協)で、住民投票の日程を定めた案に公明党が反対し、否決されたため。行き詰まった都構想について民意を問うことで、任期中に再び挑戦する考えで、8日に記者会見して正式に表明する。

 法定協終了後、松井知事は「このままでは死んでも死にきれない。次の進路は明日の会見で明らかにする」と…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです