著作権法改正案に懸念 ダウンロード違法化拡大、スクショも対象に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
文化庁が入る中央合同庁舎第7号館=東京都千代田区霞が関で、本橋和夫撮影
文化庁が入る中央合同庁舎第7号館=東京都千代田区霞が関で、本橋和夫撮影

 海賊版サイト対策の強化を目的とした著作権法改正案への反対意見が相次いでいる。改正案ではスマートフォンなどの画面をメモ代わりに画像として保存する「スクリーンショット」も違法となる恐れがあり、国民生活に与える影響も大きい。政府は今国会での成立を目指すが、利益が守られる側の漫画家団体からも見直しを求める声が上がっている。

 法改正は、海賊版の被害増加を食い止める目的で、文化庁長官の諮問機関・文化審議会で検討されてきた。改正案では現行法で映画などの動画と音楽に限定されていた違法ダウンロードの対象を、著作権者に無断で公開された漫画や雑誌、小説、写真など全著作物に拡大する。

この記事は有料記事です。

残り1071文字(全文1355文字)

あわせて読みたい

注目の特集