メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州中央銀、利上げ20年以降に先送り 景気減速を懸念 

 【ロンドン三沢耕平】欧州中央銀行(ECB)は7日、ドイツ・フランクフルトの本部で定例理事会を開催し、利上げを来年以降に先送りすることを決めた。米国を中心とした世界的な貿易摩擦と中国の景気減速を背景にユーロ圏の景気減速懸念を強めているためで、新たな資金供給策の導入も決めた。

 理事会は主要な政策金利を0%、金融機関が余ったお金を預ける際に適用する「中銀預金金利」をマイナス0・4%のまま現状維持することを決定。政策金利を現状維持する期間について、従来は「少なくとも201…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文588文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 即位の礼 海外も高い関心 中韓で生中継 韓国「憲法」「平和」に注目 即位礼で

  5. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです