メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富士山入山料、登山客以外も対象に 世界遺産協議会で決定へ

昨年の静岡側開山日の7月10日、富士宮口5合目で入山料を支払う登山者=2018年7月10日、高場悠撮影

 山梨、静岡両県と周辺自治体、住民代表らでつくる富士山世界文化遺産協議会作業部会は6日、静岡県富士市内で会合を開き、富士山保全協力金(入山料、1人原則1000円)の受け入れ対象を拡大する案を承認した。従来の「5合目から山頂を目指す登山者」を、今夏から「5合目から先に立ち入る来訪者」とする。登山道に入り「基準点」を通過して散策を楽しむ観光客らが対象になり、協力者の増加を図る。19日に同県沼津市で開く協議会で正式に決める。

 入山料は2014年に開始し、指導員の配置やトイレ改修など5合目以上の事業に充てていた。昨夏は静岡側…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. クマに襲われ男性2人重傷 猟友会員らがクマ射殺 新潟・魚沼

  3. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  4. ネカフェ生活6年の男性に重い2% また路上生活か…とかすむ夢

  5. 渓流釣り中 クマ襲撃、空手高段者 目つぶしで撃退 群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです