メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富士山入山料、登山客以外も対象に 世界遺産協議会で決定へ

昨年の静岡側開山日の7月10日、富士宮口5合目で入山料を支払う登山者=2018年7月10日、高場悠撮影

 山梨、静岡両県と周辺自治体、住民代表らでつくる富士山世界文化遺産協議会作業部会は6日、静岡県富士市内で会合を開き、富士山保全協力金(入山料、1人原則1000円)の受け入れ対象を拡大する案を承認した。従来の「5合目から山頂を目指す登山者」を、今夏から「5合目から先に立ち入る来訪者」とする。登山道に入り「基準点」を通過して散策を楽しむ観光客らが対象になり、協力者の増加を図る。19日に同県沼津市で開く協議会で正式に決める。

 入山料は2014年に開始し、指導員の配置やトイレ改修など5合目以上の事業に充てていた。昨夏は静岡側で約5655万円、山梨側で約8779万円を集めたが、登山者の協力率は5年間で静岡側は50%弱、山梨側は60%前後にとどまる。

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです