次世代加速器「国際リニアコライダー」誘致 文科省が結論先送り

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国際リニアコライダー計画の国内候補地と想像図
国際リニアコライダー計画の国内候補地と想像図

 研究者らが北上山地(岩手、宮城県)への誘致を求めている次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」について、文部科学省は7日午前、引き続き誘致の可否を検討する考えを表明した。建設へ協力が必要な欧州の研究者組織が同日までに求めていた意思表示に対し、日本政府として事実上、結論を先送りした格好だ。

 文科省の態度表明は、東京都内で開かれた研究者組織による国際会議で行われた。この中で「現時点では誘致の表明には至らな…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

あわせて読みたい

ニュース特集