メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡の歯科医師を書類送検へ 麻酔で2歳女児死亡事故

 福岡県春日市の歯科医院で2017年7月、虫歯の治療後に女児(当時2歳)が死亡した医療事故があり、福岡県警は7日、当時院長だった50代の男性歯科医を業務上過失致死容疑で福岡地検に書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材で判明した。県警は、男性歯科医が容体の変化を見逃さずに救急車を呼ぶなどの適切な対応を取っていたら命を救えた可能性が高いと判断した。

 死亡したのは春日市の山口叶愛(のあ)ちゃん。家族によると、17年7月1日夕に虫歯治療のため医院を訪…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文538文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. ピエール瀧被告に判決 懲役1年6月、執行猶予3年 麻薬取締法違反で
  3. 鮮明な写真公開 タンカー攻撃で 米政府 「イラン関与」を改めて主張
  4. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  5. 日の出待ち、府警40人が山に 急転直下の逮捕劇 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです