メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不審アクセス前年比45%増 発信元は露、中、米 警察庁まとめ

警察庁が入る中央合同庁舎第2号館=東京都千代田区霞が関で、本橋和夫撮影

 警察が2018年に確認したサイバー空間の不審なアクセスは、1日平均2752.8件(1IPアドレスあたり)で、前年に比べて45.4%増えた。インターネットに接続できる家電などIoT(モノのインターネット)機器を標的とした攻撃が増えている。警察庁のまとめで判明した。サイバー犯罪の摘発も過去最多を更新しており、サイバー空間での脅威が高まっている。

 警察庁は、犯人が被害者と顔を合わせない「非対面型」の犯罪の増加や巧妙化を警戒している。20年の東京…

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文877文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  5. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです