仮想通貨 不正アクセスによる盗難被害677億円 摘発事例なく

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
警察庁が入る中央合同庁舎第2号館=東京都千代田区霞が関で、本橋和夫撮影
警察庁が入る中央合同庁舎第2号館=東京都千代田区霞が関で、本橋和夫撮影

 他人のパソコンを無断で使ってビットコインなどの仮想通貨を獲得する「マイニング(採掘)」をさせたとして、2018年に全国で21人が不正指令電磁的記録供用容疑などで摘発(逮捕・書類送検)された。警察庁のまとめで判明した。17年までに摘発例はなく、同庁の担当者は「17年秋にマイニングのためのプログラムが出て、悪用するケースが増えたため」としている。

 同庁によると、摘発された手口の多くは、自ら開いたホームページ(HP)にプログラムを埋め込み、そのHPを閲覧した人のパソコンに指示を送り、閲覧者が気付かないままマイニングを手伝わせて報酬を受け取るというもの。

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文795文字)

あわせて読みたい

注目の特集