メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁現役最高齢92歳 杉内寿子八段が本戦出場

女流本因坊戦本戦1回戦で大澤奈留美四段と対局する杉内寿子八段=東京都千代田区の日本棋院で2019年3月7日午前10時2分、竹内紀臣撮影

 囲碁の第38期女流本因坊戦(共同通信社主催)本戦が7日、東京・市ケ谷の日本棋院で開幕し、1回戦に92歳0カ月の現役最高齢棋士、杉内寿子八段が出場、大澤奈留美四段(42)と対戦した。日本棋院によると、7大タイトル戦・女流棋戦の本戦では、自身の第34期女流本因坊戦出場時の88歳2カ月を上回る史上最高齢記録。

 杉内八段は1927年3月6日生まれで、42年にプロ入り(初段)。女流選手権や女流名人など、タイトル…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体操 世界選手権 内村、代表入り消滅 種目別予選回避で
  2. 白い野生パンダを初めて撮影 中国・四川省
  3. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  4. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  5. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです