メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仮設住宅なお2万2549戸 最長入居は宮城の7年11カ月 毎日新聞全国調査

熊本市東区の東町仮設住宅。2016年8月に完成し、入居期限が1度延長された今も被災者が住む=熊本市東区で2019年3月7日午後6時1分、城島勇人撮影

 大災害で自宅を失った被災者が暮らす仮設住宅(みなし仮設住宅も含む)が、昨年11~12月時点で40都道府県に計2万2549戸あり、うち7割にあたる1万5662戸が災害救助法で規定する入居期限2年を超過して使用されていることが、毎日新聞の調査で判明した。入居期間が最も長いのは東日本大震災で被災した宮城県の仮設住宅で7年11カ月。被災者の避難が広範囲で長期にわたっている実態が浮き彫りになった。

 内閣府は、都道府県の仮設住宅数を把握していると説明するが「時の経過とともに変動する」ことを理由に公表していない。このため毎日新聞は、自治体が民間賃貸住宅を借り上げたり、公営住宅を無償で提供したりするみなし仮設住宅を含む仮設住宅について、昨年12月1日現在の戸数と避難者数▽原因災害――などを47都道府県にメールや電話で問い合わせた。自治体で集計時期が異なり、11月30日から12月19日現在のデータ…

この記事は有料記事です。

残り675文字(全文1071文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 経済悪化で待ち切れなかった首相の緊急事態解除 経済回復手探り、第2波の懸念

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです