メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次世代加速器断念せず 文科省の結論先送りに研究者組織

 世界の研究者らが北上山地(岩手、宮城県)への誘致を求めている次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」について、文部科学省は7日の関係国際会議で、誘致の判断を先送りした。この日までの意思表明を求めていた研究者組織は計画を断念せず、日本の検討を見守る考えを示した。

 研究者組織は、来年5月にまとめる欧州の5カ年大型プロジェクト計画にILCを盛り込むため、誘致に同意するよう日本政府に求めてきた。約8000億円もの費用がかかるため、日本側にとっては、欧州のプロジェクトに乗せて…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです