メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

NY5番街よりネット 米ブランド、販路狭まりシフト

 米国の有名衣料品ブランドがニューヨークの目抜き通り、5番街の周辺から相次いで撤退している。宝飾品大手の米ティファニー本店など高級ブランドの店舗が建ち並び、各国から観光客が集まる5番街に旗艦店を構えることは、世界的なブランドの証しとされてきた。だがインターネット通販の普及で環境が一変。米衣料品ブランドは生き残りをかけて販売戦略を大きく転換させている。

 「私たちは消費行動の歴史的な変化を目の当たりにしている」。カルバン・クラインのシフマン最高経営責任…

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文812文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警機動隊員を逮捕 SNSで迷惑行為の疑い

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです