メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

日本の商業捕鯨は国際法違反? IWC脱退 「留飲が下がった」…だけでいいのか

調査捕鯨で捕獲され、水揚げされるミンククジラ。IWC脱退で、日本は調査捕鯨を行う条約上の根拠を失うという指摘もある=青森県・八戸港で2017年7月、塚本弘毅撮影

 今年7月からの商業捕鯨の再開まで4カ月を切った。政府が昨年暮れに表明した国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退は、国際協調の観点からの批判が強いが、IWCでは長く日本の捕鯨が非難を受けてきただけに国内では「留飲が下がった」と快哉(かいさい)を叫ぶ声もある。だが、今後の影響については、どうも捕鯨推進の立場を取る専門家さえも懸念を覚えているようなのだ。【井田純】

 まず、基本事項から確認したい。別表のようにIWCが発足したのは71年前。1948年に発効した国際捕…

この記事は有料記事です。

残り3502文字(全文3731文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 米グーグル、年内にゲーム参入 専用機不要、業界の構図変動も
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです