メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

元銭湯、温まる食堂 カンボジア料理人気 研修生の相談も 福岡・博多

 福岡市博多区の商店街の一角で元銭湯を改装したカンボジア食堂が開店から1年を迎え、人気を呼んでいる。経営するカンボジア出身の女性店主、池田スロスさん(38)は持ち前の明るさで地域に溶け込み、自慢の料理の腕を振るい、カンボジア人研修生らのよき相談相手にもなっている。【佐野格】

 吉塚商店街の路地を入ると、赤い「ゆ」の字の看板がひときわ目を引く。銭湯と見間違う店構えの食堂「シェムリアップ」。店名は出身地のカンボジア・シエムレアプから名付けた。オープンから1年がたったが、「今も銭湯と思って来る人がいるのよ」と池田さんはいたずらっぽく笑う。

 日本語を教えるボランティアでカンボジアに来ていた智(さとる)さん(56)と出会って結婚し、2003…

この記事は有料記事です。

残り826文字(全文1144文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです