特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

第91回選抜高校野球

カードに「光星」揮毫 青森出身の仙台育英書道部主将 /青森

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
八戸学院光星の校名を揮毫する仙台育英書道部の細川和紗さん=宮城県多賀城市の仙台育英学園高で、大谷麻由美撮影 拡大
八戸学院光星の校名を揮毫する仙台育英書道部の細川和紗さん=宮城県多賀城市の仙台育英学園高で、大谷麻由美撮影

 <第91回センバツ>

 「書の甲子園」の愛称で親しまれている第27回国際高校生選抜書展(毎日新聞社、毎日書道会主催)団体の部で初の全国優勝と4年連続の東北地区優勝に輝いた仙台育英学園高の書道部が、23日に開幕する第91回選抜高校野球大会の開会式の入場行進で使われるプラカードの校名を揮毫(きごう)した。

 揮毫は書の甲子園で地区優勝した全国11校が分担。仙台育英は、センバツに出場する八戸学院光星(青森)、盛岡大付(岩手)、石岡一(茨城)の3校を担当した。書道部顧問の渡辺章紀教諭はプラカードの文字について「常用漢字は誰が見ても分かる文字であるが故に書道の実力が試される」と話す。

 昨年に続きプラカードの揮毫に挑む書道部主将の細川和紗さん(2年)は中学1年まで生まれ育った青森県の八戸学院光星を担当。「甲子園でバットを振る力強さを、自分の書くかたくてごつい字で表現したい」と話した。

 渡辺教諭は「書道部の部員たちも心を込めて楽しんで書いているので、選手たちもグラウンドでのびのびと楽しく野球をやってほしい」と願った。半紙に一文字ずつ記した校名はデジタルデータ化され、プラカードに転写されるという。【大谷麻由美】

関連記事

あわせて読みたい