メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小国町

有地売却 町長の後援者企業が落札 100万円寄付も 広報誌に社名なく /山形

 小国町が取得時の半値相当で売却した町有地について、一般競争入札で落札した事業者の代表取締役社長が、仁科洋一町長の有力な後援者であることが7日、分かった。仁科町長が町長選出馬の意思を表明した後に設立された後援会に寄付をするなどしていた。仁科町長は「社長は中学、高校の同級生で私を支援してくれている。寄付は個人献金だ。入札に私の意思が入る余地はなく、たまたまその会社が落札したということだ」と話した。

 町は2002年に町土地開発公社から約6700平方メートルの土地を約1億12万円(1平方メートルあたり1万4942円)で取得した。このうち約3429平方メートルを売却。町有地の購入を町に申し入れていた町内の事業者が昨年11月、唯一入札に参加して2620万円(同7640円)で落札した。町は、入札前の不動産鑑定を経て最低入札価格を2617万円(同7631円)に設定していた。

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文870文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 「マスクの捨て方にマナーを」 専用ごみ袋 大阪の会社経営者が開発

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです