メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小国町

有地売却 町長の後援者企業が落札 100万円寄付も 広報誌に社名なく /山形

 小国町が取得時の半値相当で売却した町有地について、一般競争入札で落札した事業者の代表取締役社長が、仁科洋一町長の有力な後援者であることが7日、分かった。仁科町長が町長選出馬の意思を表明した後に設立された後援会に寄付をするなどしていた。仁科町長は「社長は中学、高校の同級生で私を支援してくれている。寄付は個人献金だ。入札に私の意思が入る余地はなく、たまたまその会社が落札したということだ」と話した。

 町は2002年に町土地開発公社から約6700平方メートルの土地を約1億12万円(1平方メートルあた…

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文870文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  4. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

  5. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです