メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小国町

有地売却 町長の後援者企業が落札 100万円寄付も 広報誌に社名なく /山形

 小国町が取得時の半値相当で売却した町有地について、一般競争入札で落札した事業者の代表取締役社長が、仁科洋一町長の有力な後援者であることが7日、分かった。仁科町長が町長選出馬の意思を表明した後に設立された後援会に寄付をするなどしていた。仁科町長は「社長は中学、高校の同級生で私を支援してくれている。寄付は個人献金だ。入札に私の意思が入る余地はなく、たまたまその会社が落札したということだ」と話した。

 町は2002年に町土地開発公社から約6700平方メートルの土地を約1億12万円(1平方メートルあた…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです