メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身じまい自習室

/23 「生き字引」会長偲ぶ会 「葬送文化」伝える商売 /東京

 日本葬送文化学会の初代会長、天野勲さんが亡くなった。享年88。戦後間もなく葬儀社でアルバイトし、葬祭用品問屋に入って営業で全国を回り、各地で異なる葬送習俗を見て歩いた。「葬送の生き字引」といわれた天野さんを「偲(しの)ぶ会」が2月下旬、東京・上野であった。

 会場の正面に、トレードマークのベレー帽をかぶった天野さんの大きな遺影が掲げられていた。薫陶を受けた葬送業界の「弟子」たち約70人が集まり、思い出を語り合った。

 6年前に聞いた天野さんの講演を思い出す。福島、宮城、岩手、青森を巡ったあと北海道に渡った、営業旅行…

この記事は有料記事です。

残り863文字(全文1122文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです