メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

県議選 定数44に61人が立候補予定 来月7日投開票 /滋賀

 任期満了に伴う県議選(定数44)は統一地方選前半の29日に告示、来月7日に投開票される。毎日新聞のまとめによると、投開票日まで1カ月となった7日現在、61人が立候補を予定し、前回2015年の59人をやや上回る見通し。今年は統一選と参院選が同じ年に実施される12年に1度の「亥年(いどし)選挙」とあって、県議選の結果次第で県政界の勢力図が大きく塗り替えられる可能性もはらむ。【成松秋穂】

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 女性専用車両 トラブル 故意の男性乗車「NO」 市民団体、メトロに要望

  5. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです