メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

徳川慶喜

最後の将軍、新たな「誠」 揮毫の書、北区・新村出旧宅で発見 絹地に破格の大書 /京都

徳川慶喜の書と見られる「誠」=新村出記念財団提供

 江戸幕府最後の将軍、徳川慶喜(1837~1913年)の筆と見られる「誠」と記した書が、「広辞苑」の編者として知られる国語学者、新村出(しんむらいずる)(1876~1967年)の京都市北区の旧宅で見つかった。慶喜の側近だった新村の養父が残したとみられ、出の親族が客間の押し入れの整理で発見した。縦103センチ、横90センチの黄みがかった絹地に楷書体で「誠」と大書され、三つの落款がある。

 先月に調べた千葉県の松戸市戸定(とじょう)歴史館の齊藤洋一館長によると、これまで慶喜の「誠」は、将…

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文832文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  2. 元パラ選手マリーケ・フェルフートさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  3. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  4. ORICON NEWS 道端アンジェリカ、夫の逮捕で「夫婦の形が少しずつ変わってきています」

  5. 34年目の真実 松橋事件/中 子の人生も狂わせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです