メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

琵琶湖疏水記念館

最新技術で歴史紹介 きょう新装オープン 左京 /京都

記念式典後、リニューアルされた琵琶湖疏水記念館の展示の説明を受ける参加者たち。左奥はプロジェクションマッピングによる展示=京都市左京区で、飼手勇介撮影

 改修工事中だった琵琶湖疏水(そすい)記念館(京都市左京区)で7日、リニューアルオープンの式典があった。展示数を3分の1に減らす一方、映像ブースやプロジェクションマッピングによる展示など、視覚的に楽しみながら疏水の歴史に親しめるようにした。総工費は約7800万円で8日にオープンする。入館無料。

 記念館は1989年8月に開館。市内の約100の小学校の児童が授業として毎年1万人前後訪れるなど来館者は計250万人を超える。開館30年に合わせて昨年12…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文562文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  2. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです