メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ビッグイシュー講談会

創刊、講談に 26日、中央区で披露 /大阪

 講談師、玉田玉秀斎(ぎょくしゅうさい)さんが26日、街頭でホームレスの人が販売する雑誌「ビッグイシュー」日本版(佐野章二代表)とコラボしたビッグイシュー講談会をカフェ「周amane」(大阪市中央区平野町4の5の8井上ビル3階)で開く。ビッグイシューの創刊にまつわる創作講談「ビッグイシュー物語」を披露する。

 ビッグイシュー日本版は、雑誌販売の仕事を提供することでホームレスの人を支援する目的で創刊。玉田さんは多くの人にビッグイシューを知ってもらおうと講談会を企画した。会場ではビッグイシューの販売も行われる。玉田さんは「街角で雑誌を売る姿を見たことのある人は多いのでは。ビッグイシューをより身近に感じてほしい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り95文字(全文405文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです