メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

交通安全

光るたすき、住民に無料貸し出し 観光客へも呼びかけ 和歌山・白浜署

 夜間の歩行者や自転車の交通事故を防ごうと、和歌山県警白浜署が、車のライトや街灯を反射して光るたすきを無料で貸し出す「レンタル・タスキ」の取り組みを続けている。反射材の付いたたすきを商店や飲食店の店先などに常備。誰でも気軽に利用できるとあって、住民に好評だ。

 同県白浜町の中心部から車で約30分の山あいにある安居地区。食料品などを扱う商店の軒先には、洗濯物を干すピンチハンガーにたすきがぶら下がっていた。店主の上野由規男さん(64)は「初めはみんな驚くが『これいいね』と借りていく。運転する方も存在に気付きやすい」と話す。

 昨年10月からレンタル・タスキの取り組みが始まった。たすきは県交通安全協会白浜支部が購入し提供。賛…

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文982文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  2. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  3. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  4. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  5. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです