メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出かけよう

タツノオトシゴハウス(鹿児島県南九州市) ユニークな生態、間近に /福岡

 ストローのように突き出た口と、くるっと巻いた長い尾っぽ。いっぷう変わった形で知られるタツノオトシゴは、れっきとした魚の仲間だ。鹿児島県南九州市の番所鼻(ばんどころばな)自然公園内に「タツノオトシゴハウス」がオープンしたのは2010年。5種300匹のタツノオトシゴが展示され、ユニークな生態を間近に見ることができる。

 タツノオトシゴは主に熱帯や温帯の浅い海に生息し、沿岸の藻場やサンゴ礁などを住みかにしている。長い尾を器用に使って海藻に巻き付いたり、背びれや胸びれを動かして上下にゆっくり移動したり。雌が産んだ卵を雄がおなかの中でふ化させることで知られている一方、子育てなど生態には謎も多い。

この記事は有料記事です。

残り700文字(全文996文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元の世界に逆戻り? 飛行機満席、渋滞30キロ以上 混雑した4連休

  2. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 「刑務所に入れられても闘う。それが恩返し」 香港りんご日報創業者が語った決意

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです