メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仮設住宅

なお2万2500戸 法上限、入居2年超7割 毎日新聞調査

 大災害で自宅を失った被災者が暮らす仮設住宅(みなし仮設住宅も含む)が、昨年11~12月時点で40都道府県に計2万2549戸あり、うち7割にあたる1万5662戸が災害救助法で規定する入居期限2年を超過して使用されていることが、毎日新聞の調査で判明した。入居期間が最も長いのは東日本大震災で被災した宮城県の仮設住宅で7年11カ月。被災者の避難が広範囲で長期にわたっている実態が浮き彫りになった。

 内閣府は、都道府県の仮設住宅数を把握していると説明するが「時の経過とともに変動する」ことを理由に公…

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文992文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  5. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです