メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防衛装備品

購入契約で論戦 野党「爆買い」と批判

 防衛装備品購入代金の支払期間を最長10年間と定めた長期契約法の有効期限を延長する改正案が7日、衆院本会議で審議入りした。野党は、後年度に「ツケ」を回すことは米国製装備品の購入費増大につながると反発している。

 財政法は国による支払期間を原則5年以内と規定している。ただ、高価な装備品をまとめて購入するには適さないとして、政府は時限立法の長期契約法で、最新鋭装備品など特定防衛調達に限っ…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  4. 新型コロナ 北海道・旭川の病院、214人集団感染 永寿病院に並ぶ 他院でも173人

  5. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです