メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベネズエラ

混乱、出口見えず マドゥロ大統領の退陣求めるグアイド議長 米主導包囲網に乱れ

 経済混乱により国民の脱出が続く南米ベネズエラでは、野党連合のグアイド国会議長がマドゥロ大統領の退陣を求め、暫定大統領就任を宣言し激しく対立している。米国はマドゥロ政権への圧力を強めるが軍事介入も否定しない姿勢には近隣国から異論が相次ぎ、グアイド氏を承認する国々の間で足並みの乱れが見え始めた。人道援助物資の搬入を巡る当局と野党支持者らとの衝突の様子や、制裁措置の現状を報告する。【カラカス山本太一】

 マドゥロ政権の国際的な包囲網作りを主導する米トランプ政権は、独自制裁を強化する一方、各国に圧力強化を呼びかけている。ただ効果的な制裁は出し尽くしたと言われるうえ、最終手段とされる軍事介入には近隣国の反発が根強い。

この記事は有料記事です。

残り2767文字(全文3074文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです