メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

北村暁秀さん=東日本大震災の慰霊行脚を続ける

北村暁秀(きたむら・ぎょうしゅう)さん(46)

 東日本大震災の翌年から、毎月の月命日などに地元の宮城県石巻市を1人で慰霊行脚している。薄く削った竹を編んだ網代笠(あじろがさ)をかぶり、地下足袋を履き、錫杖(しゃくじょう)を手に数時間不運な死を遂げた人々の救済を願う。「私も10分遅れれば津波にのまれていた。紙一重で助かった命。亡くなった人のためにできることを考えた」

 2011年3月11日の地震発生直後、小学1年だった長男が気がかりで学校まで走った。妻が連れ帰ったこ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  3. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  4. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  5. 中洲で散財、事故で借金…タイから移送の容疑者らが振り込め詐欺に手を染めるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです