メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

希望になる=気仙沼ニッティング社長・御手洗瑞子

 私は前職は、ブータン王国の政府に勤めていた。2010~11年のことだ。民主化直後のブータンにおいて、「首相フェロー」というポジションで、主に観光産業の育成を担当していた。当時のブータンは、財政的にインドなど他国に依存するところが大きく、経済的自立を目指していた。ブータンはGNH(国民総幸福)を国の指針として掲げる「幸せの国」として知られるが、自分たちの信じる道を歩むためにも、経済的自立は不可欠だと考えていたのだ。

 あるとき、上司が言った。「たまこ、知っているかい。日本も昔は、世界銀行から融資を受ける国だったんだ…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです