メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

iPS細胞

拒絶反応低減 京大、ゲノム編集用い成功

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)にゲノム編集技術を用い、他人のiPS細胞でも移植時の拒絶反応を起こしにくくすることに成功したと、京都大iPS細胞研究所の研究チームが発表した。他人のiPS細胞を利用すれば作製時間や費用を大幅に減らせる一方、拒絶反応が起こる問題があった。成果は8日、米科学誌「セル・ステム・セル」電子版に掲載される。

 人の体には、がん化した細胞などを異物と見分けて取り除く免疫機能が備わっている。iPS細胞から心筋細…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中東 動物兵器、うごめく
  2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  4. 自民党・石破茂さんインタビュー 「冷や飯」の味を語る
  5. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです