メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツ庁

競技団体理事に任期制限 素案示す 不祥事の温床回避

 スポーツ庁は7日、新設する競技団体の運営指針「ガバナンスコード」に理事の任期制限を盛り込む素案を明らかにした。同日、東京都内で開いた鈴木大地長官の諮問機関「スポーツ審議会」の部会で示した。しかし賛否両論あり、結論は持ち越しとなった。

 理事の固定化が権限の集中につながり、不祥事の温床になりうるとして改めるのが狙い。素案では具体的な制限年数は部会での議論に…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文447文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相、学校再開は見直す可能性 経済対策「かつてない規模」、給付金創設

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  5. 千葉・東庄の障害者施設 58人の集団感染 利用者26人、職員32人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです