プロ野球

阪神・原口「必ず甲子園に戻る」 大腸がん手術後初合流

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
患者支援のリストバンドを身に着けポーズをとる阪神の原口=小出洋平撮影
患者支援のリストバンドを身に着けポーズをとる阪神の原口=小出洋平撮影

 大腸がんからの復帰を目指すプロ野球・阪神の原口文仁捕手(27)が7日、手術後初めてチームに合流した。兵庫県西宮市内で取材に応じた原口は「たくさんの方にお世話になった。今日を迎えられて、感謝の気持ちでいっぱいです」と喜びを表した。

 原口は昨年末の人間ドックで大腸がんと診断され、1月末に手術を受けた。2月の春季キャンプには参加せず、治療に専念していた。午前中に矢野…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

あわせて読みたい

ニュース特集