日航

飲酒検査に替え玉 整備士すり抜け

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本航空は7日、子会社「JALエンジニアリング」の40代男性整備士が、同僚を替え玉にして業務前のアルコール検査をすりぬけていたことを明らかにした。

 日航によると、整備士は1月19日午前5時20分ごろ、福岡空港に出社。正式な検査前に自主的に検査機器で呼気を測ったところアルコール反応が出たため、40代の同僚男性に身代わりで検査を受けるよう依頼した。前日午後11時ごろ…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

あわせて読みたい

注目の特集