メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

宮城・石巻、50歳新人記者 「心の復興」伝えたい 地域紙創刊の父「たいしたもんだ」

清掃活動の取材で男児に話を聞く平塚宏行さん(右)=宮城県石巻市で2019年2月6日

 宮城県石巻市東沿岸部の渡波(わたのは)地区に「牡鹿(おしか)新聞」という地域紙がある。発行するのは平塚宏行さん(50)。創刊者の父俊夫さん(93)の後を継ぎ、昨年から本格的に記者を始めて1年が過ぎた。50歳の新人記者は住民の「心の復興」に手応えを感じながら、おやじの背中も見つめ直している。【高野裕士】

 小学5年の男児に目線を合わせてしゃがむ。石巻市立渡波小学校の校庭で、カメラを肩にかけた宏行さんは授…

この記事は有料記事です。

残り857文字(全文1059文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  3. 「応援大使」田口淳之介容疑者逮捕 熊本市「絶句」
  4. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです