近鉄、駅案内新サービスを実証実験 スマホで居場所認識、目的地へ誘導

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
列車の行き先表示にスマートフォンをかざし、目的地に向かう列車かどうか調べるオーストラリア人の女性=奈良市の近鉄奈良駅で2019年2月22日午後2時45分、数野智史撮影
列車の行き先表示にスマートフォンをかざし、目的地に向かう列車かどうか調べるオーストラリア人の女性=奈良市の近鉄奈良駅で2019年2月22日午後2時45分、数野智史撮影

 駅構内でスマートフォンのカメラをかざすと、人工知能(AI)が居場所を認識し、目的地まで向かう電車の乗り方を教えてくれる――。近鉄が外国人観光客向けの新サービスに挑んでいる。2020年の東京五輪などによる訪日外国人の増加を見据え、今年中の実用化を目標に掲げるが、歩きスマホによる事故の防止などが課題だ。【数野智史】

この記事は有料記事です。

残り845文字(全文1002文字)

あわせて読みたい

注目の特集