メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中古スマホ品質、5段階に格付け 業界団体が統一基準

中古スマホの品質格付基準

 中古のスマートフォンの販売などを行う業界団体が8日、中古スマホの傷や汚れなどの状態に応じ、品質を格付けする統一基準(ガイドライン)を発表した。10月初旬から本格導入する。これまでは業者や店ごとに基準があり、消費者が判断しにくかった。統一の基準を定めることで、中古市場の拡大を目指す。

 中古スマホは、液晶画面など外装の状態から5段階で格付けする。カメラやスピーカーの状態など機能面についても検査をし、その結果を販売時に示す。

 スマホを売却する際、個人情報などのデータ流出に対する懸念が強いことから、買い取り時と検査時に、端末…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです