メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア撤収日程ありきでない 米中央軍司令官

 【ワシントン古本陽荘】米軍で中東を総括するボーテル中央軍司令官は7日、下院軍事委員会の公聴会に出席した。シリアにおける過激派組織「イスラム国」(IS)との戦闘に関して「現時点で特定の日までに撤収を完了しろとの圧力はない」と述べ、日程ありきで米軍がシリアから撤収することはないとの考えを示した。

 IS残党は現在、イラク国境の狭い地域に追い…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文424文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです