メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

「公衆電話使おう」自治体がPR 災害時の重要なインフラに 使い方分からない世代も

携帯電話の通信障害発生で公衆電話を使う男性。災害時にもつながりやすく、NTTが活用を呼びかけている=東京都千代田区で2018年12月、梅村直承撮影

 昨年9月の胆振東部地震では北海道内全域で長時間の停電に見舞われ、基地局などで非常電源が切れて電話が広域的に使えなくなる被害が出た。NTT東日本は公衆電話を災害時につながりやすく停電の影響も受けにくい通信手段と位置づけるが、認知度が低いうえ携帯電話の普及に伴い不慣れな人も増えている。このため札幌市などで公衆電話に使い方をシールで示し、利用啓発のチラシを配布するなど災害時の有効性のPRに乗り出した。【田所柳子】

 道内では停電の長期化で通信施設や基地局の非常電源が枯渇し、NTTの固定電話は一時、53自治体で約1…

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文779文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. ORICON NEWS ASKA脱退 Chage「とても残念な思い」コメント発表[全文]

  3. 富士山山頂付近で落石 登山中の20代女性死亡

  4. 炎上事故2人死亡 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼

  5. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです