メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香川県内の避難所、12%が土砂災害警戒区域 「代替施設ない」対応苦慮の市も

土砂災害警戒区域内にある指定避難所=高松市塩江町で

 災害時に避難生活を送る指定避難所について、香川県内の約12%にあたる83カ所が土砂災害警戒区域内にあることが毎日新聞の調査で分かった。代替施設がないために警戒区域内の避難所を開設せざるを得ないなど、対応に苦慮する自治体もあった。昨夏の西日本豪雨など近年は台風や豪雨による土砂災害も目立ち、専門家は「想定外を考え、住民と対策を議論する必要がある」と指摘している。【岩崎邦宏】

 土砂災害警戒区域は斜面の崩落や土石流などの危険がある地域を土砂災害防止法に基づいて都道府県が指定し…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  4. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  5. 日本、しびれ切らす 徴用工訴訟で仲裁委設置要請 冷え切る日韓関係

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです