イカスミ成分にアレルギー抑制効果 花粉症予防薬の開発に期待 中部大グループ発表

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
イカ(イメージ)=ゲッティ
イカ(イメージ)=ゲッティ

 中部大の川本善之准教授(分子免疫学)らの研究グループが、イカスミパスタなどで知られる「イカスミ」から抽出した成分に、花粉症などのアレルギー抑制に一定の効果があることを発見した。3月に入ってスギ花粉の飛散が本格化する中、花粉症に効く薬の開発が期待される。オランダのオンライン学術誌に掲載された。

 花粉症や食物アレルギーは、花粉などの原因物質(アレルゲン)と結合した免疫細胞の一種「マス…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文481文字)

あわせて読みたい

注目の特集