メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イカスミ成分にアレルギー抑制効果 花粉症予防薬の開発に期待 中部大グループ発表

イカ(イメージ)=ゲッティ

 中部大の川本善之准教授(分子免疫学)らの研究グループが、イカスミパスタなどで知られる「イカスミ」から抽出した成分に、花粉症などのアレルギー抑制に一定の効果があることを発見した。3月に入ってスギ花粉の飛散が本格化する中、花粉症に効く薬の開発が期待される。オランダのオンライン学術誌に掲載された。

 花粉症や食物アレルギーは、花粉などの原因物質(アレルゲン)と結合した免疫細胞の一種「マスト細胞」から炎症物質が出ることで引き起こされるという。

 研究チームは、イカスミに含まれる色素成分「メラニン」に注目した。メラニン溶液に浸した培養マスト細胞と、浸さない細胞を用意。両細胞にアレルゲンを加えると、浸されたマスト細胞から出る炎症物質の量が顕著に少なかったという。顕微鏡で観察すると、メラニンが細胞表面を部分的に覆い、アレルゲンとの結合を妨げていたことが分かった。

 川本准教授は「既存の花粉症予防薬には眠気などの副作用があるが、メラニンは食品にも含まれる天然物質なので、副作用は低いと予想される。今後、安全性を確認し、新薬の開発につなげたい」と話している。【川瀬慎一朗】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  3. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  4. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  5. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです