メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

万博、G20控える大阪…政争、成長機運に水差す恐れも 大阪ダブル選へ 

大阪維新の会の全体会議で発言する松井一郎・大阪府知事(左)。右は吉村洋文・大阪市長=大阪市中央区で2019年3月8日午後5時、山崎一輝撮影

 大阪では、官民で2025年大阪・関西万博の準備が加速するだけでなく、万博と共に、関西経済の起爆剤として位置づけるカジノを含む統合型リゾート(IR)誘致など、大型プロジェクトが控える。府市のトップを巡る政争が深刻化すれば、大阪の成長機運に水を差す恐れも生じる。

 関西経済連合会の松本正義会長は8日の定例記者会見で、「市民の皆様が判断すること。経済界は言う立場にない」と話し、大阪府知事、大阪市長の辞職に伴うダブル選への言及を避けた。その上で、万博誘致実現が関西活性化への機運醸成につながったとして「どういう体制になろうとも活性化へ官民が協力して一体で頑張る形で進めたい」と述べた。

 25年に大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)(大阪市此花区)で開催される万博の会場建設費は約1250億…

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1132文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  5. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです