メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外イチロー、第一線退く意向 球団に伝える

「賃金差別ノー」女性差別に抗議、ウィメンズマーチ東京

「ウィメンズマーチ東京」に参加し、性に基づく差別や暴力のない社会を作りたいとの声を上げる人たち=東京都渋谷区で2019年3月8日午後7時6分、後藤由耶撮影

 性に基づく差別や暴力のない社会を作りたいと声を上げるデモ行進「ウィメンズマーチ東京」が、8日夜「国際女性デー」に合わせて東京都内で行われた。

 2017年にトランプ米大統領就任直後、米・ワシントンであった、大統領の女性やイスラム教徒などへの差別発言に抗議するウィメンズマーチに呼応し、有志の女性で作る実行委員会が同年の「国際女性デー」に呼びかけたのが始まりで、今年で3回目。

 医学部入試問題や官僚による女性記者へのセクハラなど、社会にあふれる女性差別が次々に明らかになる中、約450人(主催者発表)の参加者は東京・青山の国連大学前を発着点に表参道や渋谷の繁華街約3.2キロを、思い思いのプラカードを手に、「女の賃金差別をやめろ」「女を土俵に上げろ」などと声を上げて歩いた。

 実行委員会の濱田すみれさん(34)は「女性が電車で痴漢に遭ったり、駅で体当たりされることは日常にある。女性は被害に遭うことが当たり前になって、嫌なことを嫌だと言う力をすごく奪われている。日本の現実を見ると女性差別的なことがとてもたくさんあるので声を上げたい」と企画した思いを語った。【後藤由耶】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  2. 300キロ超大物クロマグロ 和歌山・那智勝浦
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 器物損壊 原爆ドーム前の慰霊碑に汚物? 広島中央署捜査 /広島
  5. 運転手足りない 見直し相次ぐ路線バス 沿線住民からは不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです