連載

消えない傷

子どもの頃に性的虐待に遭ったあなたにしか伝えられないことがあります。心身に深いダメージを受けたあなたにとって、つらい過去は忘れ去りたいことだと思います。それでも「なかったことにはしたくない」と思うあなたの声をサイトや紙面で紹介します。

連載一覧

消えない傷

今苦しんでいるあなたへ 友田明美さん「性的虐待で脳が萎縮する」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
友田明美・福井大学子どものこころの発達研究センター教授=本人提供
友田明美・福井大学子どものこころの発達研究センター教授=本人提供

友田明美・福井大学子どものこころの発達研究センター教授

 私はこれまで、性的虐待や厳格体罰、暴言虐待、面前ドメスティックバイオレンス(DV)を目撃すること(暴露)が、ヒトの脳に与える影響について研究を積み重ねてきました。特に、性的虐待を経験したことによる脳への影響について述べさせていただきたいと思います。

 私たちの研究は、性的虐待に遭った子どもは、目で見たものを認識する脳の“視覚野”の一部が萎縮する傾向があることを突き止めました。視覚野は、視覚をつかさどるところで、知能や言語能力にも影響を及ぼす大切な脳の領域です。

この記事は有料記事です。

残り1857文字(全文2116文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集