メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消えない傷

今苦しんでいるあなたへ 友田明美さん「性的虐待で脳が萎縮する」

友田明美・福井大学子どものこころの発達研究センター教授=本人提供

 私はこれまで、性的虐待や厳格体罰、暴言虐待、面前ドメスティックバイオレンス(DV)を目撃すること(暴露)が、ヒトの脳に与える影響について研究を積み重ねてきました。特に、性的虐待を経験したことによる脳への影響について述べさせていただきたいと思います。

 私たちの研究は、性的虐待に遭った子どもは、目で見たものを認識する脳の“視覚野”の一部が萎縮する傾向があることを突き止めました。視覚野は、視覚をつかさどるところで、知能や言語能力にも影響を及ぼす大切な脳の領域です。

 また、視覚野以外にも、性的虐待の影響が顕著な脳の場所があり、その場所は、虐待を受けた年齢によって異なっていました。

この記事は有料記事です。

残り1826文字(全文2116文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸市立小学校でクラスターか 児童と教員ら計27人が感染 25日まで臨時休校

  2. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです