メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

3冠の偉業達成を 紀平の快進撃支えるトレーナー

2月の4大陸選手権で優勝し、金メダルを手にする紀平梨花(左)と橋本大侍さん=橋本さん提供

 フィギュアスケートの世界選手権は20日、さいたまスーパーアリーナで開幕する。女子の紀平梨花(16)=関大KFSC=は今季、国際大会6戦6勝。シニア1年目でグランプリファイナル、4大陸選手権と合わせ「3冠」を狙う。快進撃を支えるのがトレーナーの橋本大侍(だいじ)さん(35)だ。

 紀平は夜、橋本さんが総院長を務める大阪市内の整骨院を訪れ、練習で疲れた体を癒やす。紀平の武器のトリプルアクセル(3回転半)は体への負荷が大きく、着氷でねじれる骨盤や跳ぶ際に力を入れる首に加え、太もも、肩とケアは全身に及ぶ。活動が忙しくなり、来院は昨季までの週2、3回から、月1、2回に減ったが、今季からは国際大会…

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文742文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです