メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民・谷垣前総裁とパラ自転車女王・杉浦選手 けがからの復帰を語る

自転車の魅力などについて語り合う谷垣禎一さん(左)と杉浦佳子選手=東京都世田谷区で2019年2月17日、和田大典撮影

 自転車事故で頸髄(けいずい)を損傷して政界を引退した自民党の谷垣禎一前総裁(74)と、パラスポーツの自転車競技で昨年のロード世界選手権(イタリア)を制した杉浦(旧姓野口)佳子(けいこ)さん(48)=楽天ソシオビジネス=が対談した。3年前の同時期に自転車事故で負傷した2人は、競技の魅力や障害による心境の変化、2020年東京パラリンピックへ向けた目標や期待などを語り合った。(対談は2月17日に実施)【構成・山口一朗】

この記事は有料記事です。

残り5678文字(全文5887文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. 熱烈人気「上海ディズニー」 じわじわ「中国風」好感 6月で開園3年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです