メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民・谷垣前総裁とパラ自転車女王・杉浦選手 けがからの復帰を語る

自転車の魅力などについて語り合う谷垣禎一さん(左)と杉浦佳子選手=東京都世田谷区で2019年2月17日、和田大典撮影

 自転車事故で頸髄(けいずい)を損傷して政界を引退した自民党の谷垣禎一前総裁(74)と、パラスポーツの自転車競技で昨年のロード世界選手権(イタリア)を制した杉浦(旧姓野口)佳子(けいこ)さん(48)=楽天ソシオビジネス=が対談した。3年前の同時期に自転車事故で負傷した2人は、競技の魅力や障害による心境の変化、2020年東京パラリンピックへ向けた目標や期待などを語り合った。(対談は2月17日に実施)【構成・山口一朗】

この記事は有料記事です。

残り5678文字(全文5887文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で新たに1228人の感染確認 北海道は1週間連続200人以上 新型コロナ

  2. ORICON NEWS のん、THE BLUE HEATSの名曲「キスしてほしい」をカバー、新WEB動画で"むずがゆい恋"を表現

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです