メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

海老名香葉子さんがこだわる「東京大空襲 時忘れじの集い」 上野で平和を感じる日に

「時忘れじの集い」のポスター

 1945(昭和20)年3月10日未明、アメリカ軍による焼夷(しょうい)弾の無差別爆撃、東京大空襲の日を今年も迎える。あの時、海老名香葉子さんは小学5年の11歳だった。東京・根岸の海老名家へ久しぶりにうかがった。

 「さっきまで柊(しゅう)ちゃんがいたの。大きくなったのよ」。「おかみさん」はうれしそうだ。柊ちゃんとは、次男・二代目林家三平さんと女優の国分佐智子さんの長男・柊乃助ちゃんのことだ。

 初代三平の妻として、そして夫の早逝後は一門を守ってきたおかみさん。東京大空襲では沼津(静岡県)に疎開していたため無事だったが、釣り竿(ざお)職人だった父、母、祖母、2人の兄、そして小さな弟を亡くした。すぐ上の兄、中根喜三郎さん(釣り竿職人四代目「竿忠」。名誉都民)が4日後、迎えに来た。「みんな死んじゃった。ごめん」。それまでの楽しかった一家と、その後のおかみさんの苦労は、アニメにもなった「うしろ…

この記事は有料記事です。

残り873文字(全文1270文字)

油井雅和

東京本社ウェブ編成センター記者。東京生まれ。早大卒。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 東京オリンピック 無観客含む3案を政府検討 「日本は中止判断」英紙が報道

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 緊急事態宣言の非科学性

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです