メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

「モダンカンカン」灘康次さん死去 ボーイズ芸と「神様」敬愛のギター

「灘康次とモダンカンカン」。(右から)小山純 灘康次 伴丈治 川田恋

 ボーイズグループ「灘康次とモダンカンカン」のリーダー、いや、まわりはみんな「親方」と呼んでいた、灘康次さんが3日5日亡くなった。89歳。7日に90歳の誕生日を迎える直前だった。

 音楽を取り入れた演芸は最近は少なくなってしまったが、華やかな芸が多くの人々を喜ばせた。そのうちのひとつ、「ボーイズ」は、1937(昭和12)年、川田義雄(川田晴久=後に美空ひばりを育てた)、坊屋三郎、芝利英、益田喜頓(後に俳優)で結成した「あきれたぼういず」の形を「ボーイズもの」と呼ぶようになったのが最初だ。

 灘さんは川田さんの弟子で、58年に「モダンカンカン」を結成。私が最初に見たのは「笑点」だったか、「…

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文988文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. クマに襲われ男性2人重傷 猟友会員らがクマ射殺 新潟・魚沼

  3. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  4. ネカフェ生活6年の男性に重い2% また路上生活か…とかすむ夢

  5. 渓流釣り中 クマ襲撃、空手高段者 目つぶしで撃退 群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです