メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

的川博士の銀河教室

539 「クルードラゴン」ISSにドッキング

米国に有人飛行の新時代

 米国のスペースX社は、さる3月2日、フロリダ州から、センサーを内蔵した人形を乗せた宇宙船「クルードラゴン」を、自社の「ファルコン9」ロケットで打ち上げ(写真1)、予定の軌道(きどう)に投入し、打ち上げは成功しました。

 「クルードラゴン」は、翌3月3日、国際宇宙ステーション(ISS)に到着(とうちゃく)。新たに開発した自動システムを使って徐々(じょじょ)に接近し、ISSへのドッキングに成功しました(写真2)。その後、ハッチが開けられ、ISSに滞在(たいざい)中のアン・マクレーン飛行士が宇宙船に入って、操縦席に座っている人形と対面しました。そして運んだ約180キロの物資や機器はISSに移され、「クルードラゴン」は、8日にISSから分離(ぶんり)して大気圏(たいきけん)に突入(とつにゅう)し、パラシュートで減速して米フロリダ州沖(おき)の大西洋に着水する計画です。

 2011年にスペースシャトルが退役したあと、米国ではISSに飛行士を送る手段はロシアの宇宙船ソユー…

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文1129文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  4. 近畿、中国、四国も、最も遅い梅雨入り
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです